祭り 行事

青梅大祭

2016 青梅大祭 ポスター

JR青梅駅付近(旧青梅街道)
JR青梅線青梅駅から徒歩0分
青梅大祭」は毎年ゴールデンウィーク中の5月2日・3日に行われる、青梅市最大規模のお祭りです。
その歴史は古く、もう500年以上も続いてきています。
1369年に建立された住吉神社が室町時代の1513年に拝殿改修し、その時の氏子であった5町(住江町、本町、仲町、上町、森下町)が祭礼を行ったのが青梅大祭の始まりとされ、戦後には7町(滝ノ上町、大柳町、天ケ瀬町、裏宿町、西分町、勝沼町、日向和田)も加わり、現在12町の山車が巡行されるようになりました。

5月2日は町内曳き。12町内の山車が各町内を巡ります。
ゆっくりと山車や人形を観るのにいい日です。
3日は本祭り。交通規制が敷かれ、山車は旧青梅街道を巡行します。
300以上の露店が街道の両側を埋め尽くし、大勢の人々でたいへん盛り上がります。

青梅大祭の見所は、山車と山車が出会った時の競り合い(ひっかわせ)です。白熱する青梅のケンカ囃子の競演はとても迫力があります。
また、12町それぞれ町ごとに美しい彫刻や装飾が施されている山車、展示されている5町の山車人形(青梅市指定有形民族文化財)も必見です。

毎年同時期に同じ青梅市内で開催されている「塩船観音寺 つつじ祭り」とセットで楽しむのもおすすめです。
毎年、5月2日・3日。
※2016年は、
[町内曳き] 5月2日(月) 12:30~18:00
[本祭り] 5月3日(火) 9:00~19:30
(3日は交通規制あり)
無料
0428-24-2481
(青梅市観光協会)

その他の情報

  -
駐車場
WC
喫煙所

*2016年 青梅大祭の交通規制*

5月2日(月)
交通規制は行われないため、一般車両は通常通り通行可能です。
ただし、一般道を山車が巡行するので渋滞が予想されます。
5月3日(火)
9:00〜21:00(一部地域は早期に解除)
勝沼町から日向和田まで、青梅街道は交通規制が実施されます。
また、青梅駅前ローターリーも全面通行止めとなり、
青梅駅タクシー乗場は青梅駅前から市民会館南交差点へ変更されます。

※交通渋滞が予想されますので、なるべく公共交通機関の利用をおすすめします。

*雨天等の場合*

山車の運行時間、巡行方法の変更はありますが、基本的には催行されます。

*禁止事項*

ドローンの飛行、交通規制内での自転車の通行は禁止となります。

 

2016年 山車競演会場

西六町競演 (森下町 熊野神社)
 3日 16:25頃~
 日向和田町、裏宿町、森下町、滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町

青梅駅前 四町競演
 3日 17:00頃~
 本町、住江町、西分町、勝沼町
 3日 18:30頃~
 本町、住江町、仲町、滝ノ上町

市民会館前・見送り競演
 3日 18:00頃~
 3日午後6時頃~
 上町、仲町、滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町、本町、住江町

また、3日 早朝5:00〜5:30
12町の山車にて「朝霧」が行われます。

この記事をシェアする

  • google+
  • LINE
  • tumblr
  • evernote
  • email

口コミを投稿する

※口コミは承認後に掲載されます。


ニックネーム